フォト

愛すべき同僚達

  • 同僚KB氏
    徐々にイラスト増加中

イラスト名場面集

  • 焼きそばあるある
    最近サボリ気味な 手書きの挿絵集

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 拡張シンキングタイム(仮) | トップページ | 辛麺真空 »

2013年7月10日 (水)

拡張シンキングタイム(仮)

『いつのまにか』

いつのまにか 歩き出していた

いつのまにか 夢中になっていた

いつのまにか 夕暮れになっていて

いつのまにか 君とも逢えなくなっていた

いつのまにか 大人になっていて

いつのまにか ここまで来てしまった

 
 

それに気付いたとき

僕はやっとのことで空を見上げた

それは懐かしさに満ちあふれていて

僕の目には少し眩しすぎた

 
 

急いでバス停まで走ったけれど

僕の乗りたかったバスには

もう間に合わなかった

両ひざに手をついた僕の目に

石ころのころがった懐かしい道が

夕日に照らされているのが映っていた

そういえば こんなに走ったのは

何年ぶりだろうか

この胸の高鳴りはなんだろう

 
 

僕はまた歩き出していた

それにしても 僕らに与えられた時間とは

なんて限られたものなんだろう

僕は取り残されてしまったのだろうか

それとも 僕が急ぎ過ぎたのだろうか

いずれにせよ 幸い僕はこうして

自分自身を見つけることができたのだ

僕が僕であるための

 

 

 

Dscn2015

 
 

 

 

 

 

 

1990年2月 kiyosuke


 
 

« 拡張シンキングタイム(仮) | トップページ | 辛麺真空 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拡張シンキングタイム(仮):

« 拡張シンキングタイム(仮) | トップページ | 辛麺真空 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索システム

最近のトラックバック