フォト

愛すべき同僚達

  • 同僚KB氏
    徐々にイラスト増加中

イラスト名場面集

  • 焼きそばあるある
    最近サボリ気味な 手書きの挿絵集

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

ラーメン二郎横浜関内店

今日は用事があって仕事先の川崎市多摩区から

一旦横浜に帰ってきました。

そうなると、昼食は・・・ 

ラーメン二郎横浜関内店です。

お店の写真と地図はこちらを参照

 

久しぶりの関二郎で、ちょっと欲張ってしまいました。

今日の注文は・・・

Photo_225 大ぶた(汁なし+チーズ)

ヤサイ多め、ニンニク少なめ

麺固め

910円

 

 

(-□-;)!!

思わず目を見張ったのが、今日のぶたでした。

いつもより気前の良い厚切りにびっくりです!

そしてほろほろとした柔らかさはいつもの通り。

 

麺は、固めでお願いしたのでやや固めですが

もちもちとしています。(^_^)


ヤサイも、今日は多めでお願いしましたが

胡椒の利いたスープとからめて丁度良く

たっぷりと味わえました!

 

僕は、やっぱり関内は汁なしだなぁ・・・

 

 

 

2006年10月30日 (月)

九州一番登戸店

川崎市多摩区での仕事も今週一杯です。

今日の昼食に立ち寄ったのは・・・

九州一番登戸店です。

Photo_223 @川崎市多摩区登戸1669−1

地図

 

 

 

僕は九州ラーメンが苦手のはずなんですが・・・

先週の丸福で食べた博多ラーメンがおいしかったので

再度チャレンジしてみることにしました。

 

 

今日の注文は・・・ 

Photo_224 長浜ラーメン

600円

替え玉(120円)

 

 

スープは、口当たりはさらっとしているのですが

味はがっちりと濃厚な豚骨のコクが味わえます。

たとえるなら“コーンポタージュ”のようです。

若干塩味が強めに出ています。

 

麺は、ストレートな細麺でやや固めの茹で加減です。

シコシコとして小麦っぽさがあります。

替え玉は店員さんが“金属製のお皿”にのってきて

店員さんがどんぶりに投入してくれます。

なんだかUFOみたい・・・

 

具は、昔ながらのチャーシューと厚めの海苔が一枚ずつ。

それからキクラゲと刻んだネギがのっています。

紅ショウガと辛子高菜はカウンター上の壷に入っていますが

これらを入れるとグッとそれっぽくなります。


 

とはいうものの、入れ過ぎには注意!

今回は辛子高菜の入れ過ぎで

季節外れの大汗をかいてしまいました・・・

(^。^;)

 

 

 

2006年10月29日 (日)

らーめん陸

今日は日曜にもかかわらず

仕事があったのですが

どうも朝から“ふしぶし”

だるいような気がします・・

でも風邪などひいている

暇はありません

少しスタミナをつけなければと

昼食に向かったのが・・・

らーめん陸です。

Photo_12 @東京都世田谷区

      桜3-8-14

地図)  

 

 

 

 

 

ご主人は、ラーメン二郎

上野毛店出身とのこと。

タレントの田中義剛さんを

ちょっと渋めにしたような二枚目です。

助手は奥さんでしょうか。 

店内は、家族連れのお客さんも来ていて

めじろ台の二郎のような雰囲気です。 

 

 


Photo_13 メニューはこんな感じです。

なるほど・・・  

 

 

 

 

 

麺の量は、普通が270g(今回はこちらを)

少なめが180g、大盛りは360g(!)です。

カウンター上には、

ニンニク胡椒唐辛子醤油タレ

置いてあり、

お好みでどうぞといった具合です。  

 

 

 

 

今日の注文は・・・

Photo_14 豚増しらーめん 

(やさい多め)

800円 

 

 

 

 

 

カウンター上の壷入りニンニクが

きよすけの視界の端で

『ヘイ!カモーン!ナウッ!レッツゴー!』 

と強烈にアピールしています。

しばらく無視していたのですが、

あんまりしつこいので

ほんの数粒を投入したのですが、

なんとなくそのあと

ニンニク壷が

ほくそ笑んでいるような気がします。  

 

 

さて・・・

スープは、豚骨こってりで

醤油が強めに出ています。

まったりとクリーミーな印象です。

味は、濃いめと薄めを

注文時にお願いすることも出来ます。 

 

 

 

Photo_15 麺は、こんな感じです。

やや太い縮れ麺で

少しやわらかめでした。 

 

 

 

 

 

 

やさいは、ゆで汁をしっかり吸った

柔らかめの茹で上がり。

濃いめのスープによく合っています。

またモヤシとキャベツが分けて

盛り付けられていました。 

 

 

 

 

そして豚は、約1センチ厚の

しっかりしたものが7枚。

身の食べごたえもさることながら、

特筆すべきは豚1枚の約2割を占め、

プリプリと輝く脂身です。

アブラっぽくべたつくことがなく、

見た目の通りにプリプリ

そして時にもちもちとしていて

しっかりとした身の部分とも

よく合っていました。 

 

 

 

 

おかげさまでスタミナもつき、

今日一日頑張ることが 

できました!

\(^0^)/

 

2006年10月27日 (金)

千家(濱壱家)元住吉店

今日は日吉で仕事があり

昼食に立ち寄ったのが・・・

千家(濱壱家)元住吉店です。

Photo_220 @川崎市中原区木月1566

地図

 

 

 

まず店名の謎です。 

舗道上の立て看板には、『濱壱家』・・・

テント屋根には“大きく”『千家』・・・

店員さんのTシャツには『濱壱家』・・・

(-”-;) う〜〜ん・・・



 

ひとまず今日の注文は・・・

Photo_221 並ラーメン(麺固め、油少なめ)
 
小ライス
 
計700円

 

スープは、油少なめにしたこともありますが

家系と思うと、さっぱりとした印象があり

豚骨のまったり感よりも醤油の味が際立っています。

それから何かショウガのような隠し味が

入っているように思えたのは気のせいでしょうか?

 

麺は、中太の縮れ麺です。

固めでお願いしたのでプリプリとした口当たりです。

家系に多い極太ストレート麺ではないのも

お店の個性として良いのではないでしょうか。

 

具は、さっぱり味のチャーシューと大きな海苔が3枚

ほうれん草、刻みネギ、しっかり醤油味のついた半熟玉子

そして、ゴマがふりかけてあります。

 

個人的には、家系の中では結構好きなラーメンです!

 

で、本当の店名はどっちなんでしょう・・・?

 

 

2006年10月26日 (木)

ラァメン屋69'N'ROOL ONE

今日は、仕事先への経由地である

横浜線の町田駅で途中下車して

昼食に向かったのが・・・

ラァメン屋69'N'ROLL ONEです。

Nrollone @神奈川県相模原市

   上鶴間本町4-34-7

地図

 
 
 
 
 

 

カウンターバー風の内外装と

ご主人のリーゼントヘアーとは対照的な(?)

和風ラーメンが食べられます。



 
 

今日の注文は・・・

Nrollone_2 2号味玉ラァメン
 
850円

 

 
 
 
 





スープは、秋田比内地鶏100%のダシで

表面にうっすらと透明な鶏の油が見えます。

鶏の香りがしっかりと感じられますが

コッテリとはしておらず醤油の味が強めに

感じられました。

後味は、鶏というよりも醤油の勝ち気味かも。

・・・がしかし、鶏好きにはたまらない風味です。

 






麺は、白っぽい色のストレートな細麺で

やや柔らかめの茹で上がりです。

つるつるとのど越しが良く、なんとなく

“にゅうめん”を思わせます。

このスープには、よく合っていると思います。








 
 

具は、いずれもあっさりした味で白っぽい色の豚と

ロールした鶏のチャーシュー(?)が1枚ずつ

のっています。

それと柔らかく長めのメンマ、輪切りの緑ネギ

斜め切りの白ネギです。

そして今回は比内地鶏の味玉が1個ついています。

味玉をカプリッと食べてみますと・・・

(-□-;)!

とろーりとした半熟で控えめな味付け。

150円というちょっと“勇気のいる”値段にも

納得のおいしさでしたが、個人的な好みでいうと

今回のような澄み切ったスープでは、しっかりと

固めのゆで玉子で食べてみたいかなとも思いました。

 
 





最近は濃厚な豚骨ラーメンを食べる機会が

多かったのですが、今日は久しぶりに

純粋な醤油ラーメン

を食べたような気がします!

 
 
 




 

2006年10月25日 (水)

長崎チャンポン丸福

今日は、仕事が遅くまでかかりそうだったので

ここもまた同僚から

『昼時に行列が出来ていた』

との情報をいただきまして立ち寄ったのが・・・

長崎チャンポン丸福です。

Photo_218 @川崎市多摩区長尾4−11−4

地図

 


 
 

福岡県博多市にも“長尾”という地名があるからか

どうか分かりませんが、このお店で長崎チャンポン

人気を二分する一品が・・・

Photo_219 博多ラーメン

500円

(替え玉150円)

 

 

スープは、いわゆる白濁したトンコツスープで

ダシがよく出ているけれど、なぜか口当たりは

とてもさっぱりしています。

このスープ・・・なんと

15年間継ぎ足しながら使っている

とのことです!

 

 

麺は、王道のストレートな細麺で茹で加減は

“こりっ、シコシコ、小麦の風味”

の3段活用でおいしかったです。

替え玉をお願いすると、小さいどんぶりに入れて

出してくれます。今度は更に固めの感じですが

また違った感じで“一杯で2度おいしい”といった

ところです。

 

具は、シンプルで

香ばしいチャーシューとメンマ

刻み長ねぎと胡麻がかかっています。

ところで・・・

ラーメンの上にもカウンターにも

“紅ショウガ”が見当たらなかったのですが

僕の博多ラーメンに対する先入観は

間違っていたのでしょうか・・・

でも無くても本当においしかったので

ほんのちょっと気になっただけです。

 

実のところ僕は・・・ 

本当は“白い”トンコツラーメンが少し苦手なのですが

このラーメンは抵抗なくおいしく頂けました。

おっちゃんとおばちゃんのアンニュイな雰囲気も

僕的には良かった感じです。

今度は、是非チャンポンを食べてみたいですね!

 

 

 

 

めんや永富

今日は、川崎市多摩区編です。

同僚から『おいしいつけめん屋がある』との

情報をいただき行ってきたのが

めんや永富です。

Photo_215 @川崎市伊多摩区

  宿河原6−32−5

地図

 

 

 

 

Photo_216 メニューはこんな感じです。

普通のラーメンや

味噌味もあるようです。

 

 

 

つけめんは、2玉(240g)3玉(360g)

選択することが出来ますが値段は一緒です。

 

 

そして、初注文は・・・

Photo_217 つけめん(3玉)

680円

 

 

 

 

スープは、やや酸味のある豚骨&魚介ベースの

醤油味でさっぱり味の大勝軒風といった感じです。

 

 

 

麺は、3玉(360g)を選択したこともあり

まさに大勝軒の普通盛りと同じくらいの

ボリュームがあります。

ストレートなやや太麺で、柔らかめの茹で上がりですが

冷たく締められていてのど越しがとても心地よいです。

 

 

 

具は、薄めながらしっかりした身のチャーシューが

2枚と海苔が1枚のっています。

メンマは太いのと細いのが半々くらいの割合です。

それと刻みネギが少々。

元々半身のゆで玉子が入っていますが

今回は携帯電話サイトの

『超らーめんナビ』のクーポン画面を使って

更に半身のゆで玉子がもう一つ追加されています。


 

 

 

最初に書いた通り、スープはそのまま飲めるくらい

さっぱりと薄めなのですが、スープ割りもお願いして

みました。

すると更にほんのりと豚骨と魚介系の香りが広がり

すんなりと飲み干せました!

 

 

 

おがげ様で今日もお腹いっぱいです。

(^_^) 

 

 

 

 

2006年10月24日 (火)

ラーメン丸仙

今日は午前中に武蔵小杉で仕事があったので

昼食に立ち寄ったのが・・・

ラーメン丸仙です。

Photo_5 @川崎市中原区

   小杉町3-66

地図

 

 

 

 

 

Photo_6 メニュー

こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

今では雑誌にも紹介される有名店ですが

地域密着型のラーメン屋さんです。

店内には地元に住んでいる

柔道金メダリストの古賀先生や

ベイスターズの選手が来店したときの写真が

たくさん掲示されています。

 

 

 

さて、今日の注文は・・・

Photo_7 支那そば

(大盛)

600円

+100円

 

 

 

 

 

 

スープは、豚ガラ&鶏ガラの醤油味です。

醤油自体が結構辛めなのですが、スープに使われている

野菜や果物がつくりだす甘味があって、コクもあります。

 

 

 

麺は、ストレートな細麺で色は白っぽく

小麦の味が感じられます。

 
 
 

 
 

具は、メンマ、ナルト、海苔、刻みネギ

そしてチャーシューです。

チャーシューは1枚ですが、1センチくらいの

厚みがあり、身がしっかりとしたものですが

噛むと柔らかく絶妙な歯ごたえです。

味もしっかりついていて納得の一品です。

  
 

 

 

 

ちなみに『スープが少し濃いなぁ』と感じる方は

カウンター上に“餃子用のお酢”が置いてありますので

ひと回し入れてみると、さっぱりとひと味違って

またおいしい・・・というウラ技もありますよ。

(^_^) 

 
 
 

2006年10月23日 (月)

ポストウォーターの使い方!?

キリンの『ポストウォーター』という

飲み物をご存知でしょうか?

いわゆるスポーツ飲料系の清涼飲料水で

以前はマスカットグレープフルーツ

足して2で割ったような微妙な味でしたが

は好きでした。 

 

 

でも、今日は中身の話ではありません。

何年か前に、こんなガラス製の容器

売っていたことがあります。

Dscn2307
←こんなんです。

 
 
 
 
 
 
 
 


瓶の真ん中あたりがくびれていて

しかも指の形にへこんでいます

 

Dscn2309 そう、こんな風に
 
持てといわん

ばかりに・・

 
  
 
 

 

でも 

僕はこの瓶を・・・

 
 


Dscn2310
←このように

 使っています。


 
 
  

 

 

 

(^_^;)えっ!?

どういうことかというと・・・

↓ 
 

 

 

↓ 
 
 

 

Dscn2311_2 こういうことです!

 

 
 
 
 
 
 

 

は、春・夏・秋とほぼ1年中

“花粉症”に悩まされているのですが

鼻が詰まってしまうような寝苦しい晩は

『コレ』が役に立つのです!

 

 

後頭部と首とのつなぎ目近くの両側に

どうやらツボがあるらしく

ここに瓶の上下のふくらみが

まさにジャストフィット!!

しばらくするとスーッと鼻が通っていく

から不思議です。

 
 

以来、ここ何年もこの瓶は我が家の

“家宝”

として君臨しています!

 
 
 
 
 

ラーメン二郎武蔵小杉店

今日は、仕事で横浜市港北区まで行きましたので

もうちょっと足を伸ばして行ってきました。

ラーメン二郎武蔵小杉店です。

(お店の写真と地図はこちらを参照)

 

同行者は、T氏O氏K氏の3人です。

特にラーメン二郎2回目T氏は・・・

『今日はニンニクを入れます!』

と気合い十分です。

 

あいにくの雨天の“おかげで”待ち人は5人。

今日の注文は・・・ 

Photo_211 豚入りラーメン

(ヤサイ、ニンニク少なめ)

650円 

 

 

スープは、いつもより少し表面のアブラが多めですが

相変わらずのさっぱりスープです。

 

麺は、更に細くなったような気がするのは気のせい?

その分、量が多く感じます。

茹で加減は、やや柔らかめです。

 

ヤサイは、たまたまでしょうけれど今日はキャベツが

多めの配分でした。しっかり茹でられていて柔らかく

ジューシーなヤサイの口当たりはラーメン二郎を

“ヘルシー”にさえ感じさせます。


豚は、今日は特に大きめで柔らかく普段の印象とまた

違っていて、これはこれでまたおいしかったです!

 

 

 

2006年10月22日 (日)

麺屋 はやと

今日は、再び川崎市多摩区編となります。

昼食に立ち寄ったのが・・・

麺屋 はやとです。

Photo @川崎市多摩区

   登戸2977−4

地図

 

 

 

向ケ丘遊園駅から近いこともあり

偶然見つけての初訪店です。

 


店名を見ると、もしや『鹿児島ラーメン』か!?

と思いましたが、店内に入ってみると・・・

Photo_4  
(-□-;)!!
 
いっ!

イモ焼酎!!


  
 
 

やはり九州ラーメンなのかと思いきや

メニューは・・・

Photo_3 各種揃っているようです。

んっ!?

・・モンゴルの塩ですか。

 
 

 
 
 

注文してみました。

Photo_2 モンゴルの塩ら〜めん
 
半熟卵入り
 
800円

 
 
 

 
 

スープは、豚骨ベースですが“モンゴルの塩”

かなり前面に出ています。

ダシがさっぱりしていて最初は塩味を強く感じる

かもしれませんが、食べ進むうちにいろいろな味が

見えてきます。

総合的には“和”のら〜めんだと思います。

スープには、刻んだ大葉がふりかけてあって

ほんのり梅のような香りもします。

胡椒も少量入っているようで

思うに・・・

お酒を飲んだあとに食べたくなる味

なのでしょう。 

 

 

麺は、太麺と細麺を選ぶことが可能で

今回は太麺で頂きました。

やや固めの縮れ麺でぷりっぷりとした口当たりです。

 

 

具は、茹でたモヤシと細めのメンマがのっていて

どちらも盛り付けた後に焼き目を入れられていて

香ばしい香りがします。

それと先ほど触れた刻んだ大葉と長ねぎが少々。

チャーシューは差しが入っていて、身はしっかり

肉を感じさせるもので、スープに浸すと柔らかくなり

おいしかったです。

半熟卵は、味は薄めですが辛めのスープには

よくあっています。

 
 
 
 
 

今回の塩ら〜めんに関していえば、個人的な好みとして

あと少しダシを感じさせて欲しかったかなと思いました。

次回は他の味も試してみたいと思います。

(^_^)

  
 
 
 
 
 

2006年10月21日 (土)

CoCo壱番屋八王子松木店

今日は、妻が通院でちびすけ弟は保育園なので

ちびすけ兄と一緒に昼食に向かったのが・・・

CoCo壱番屋八王子松木店です。

Coco @東京都八王子市

    松木町33-9

地図

 

 

 

 

ちびすけ兄

『ちちと同じのがいい!』

“無茶”を言うので

ハーフカレーのチーズ

+ほうれん草(甘口)

をチョイスし、

僕の今日の注文は・・・

G うまとろ豚+チーズ

+ほうれん草

400G+1辛

1120円

 

 

 

うまとろ豚は、焼き目が入れてあり

香ばしくジューシーです。

特にチーズほうれん草は、

僕にとって外せないアイテムで

毎回食べていることもあり

ちびすけ兄も

“ちちと同じメニュー”

に大満足です

さらに頼もしいことに

『これはいつもより早く食べられる!』

と、早くもこの黄金比を理解しているご様子。

 

 

ちなみに今月から

期間限定のカキフライカレーが始まりましたが

僕はフライものがちょっと苦手で・・・

(ToT)

他にも新メニューが出ないかなぁと思っている

今日この頃なのでした。

 

 

 

 

 

2006年10月20日 (金)

つけめん あびすけ

今日は、昨夜に引き続き日吉で仕事です。

同僚5人で昼食に立ち寄ったのが・・・

つけめん あびすけです。

(店の写真と地図はこちらを参照)

 

ここしばらく“カレー味”ばかり食べていたので

今回は・・・

Photo_205 つけ麺+特盛

680円+120円

 

 

 

 

スープは、濃厚豚骨に鰹節を中心とした

魚系のダシがガツンと効いています。

 

麺は、極太のぷりっぷり麺でしっかりとした

コシがあります。

ちなみに、“あつもり”にすると麺の固さが

まして感じられるような気がします。


具は、海苔が1枚、極太メンマが数本、刻みタマネギ

柔らかい豚のバラ肉が3枚入っていまして、いずれも

おいしい一品です。

 

 

今回同僚T氏が、あびすけ初挑戦にして大絶賛でした。

なんでも、今はなくなってしまった弘明寺にあった

つけ麺屋さんに似ているんだそうで

今日は“夜になっても”

『おいしかった!』

と繰り返し感激していたのでとてもよかったです!

(^0^)V 

 

 

2006年10月19日 (木)

ポクポクポクチン

今日は、夜に日吉で仕事があり

終了が午後10時・・・(^_^;)

自宅の妻から『今日は食べてきて』

との連絡が入り、同じく外食指示を受けた

同僚のO氏とともに訪れたのが・・・

ポクポクポクチンです。

Photo_203 @横浜市港北区日吉本町1−2−6

地図

 

 

 

こちらのお店は、ご主人が現在もより更に完成度を

高めるために常に試行錯誤(?)されているようで

訪店するたびに(あまり行けないのですが・・・)

ラーメンの印象が変わるのである意味

楽しみな部分があります。

 

今回の注文は・・・

Photo_204 ニクポクポク

880円

 

 

 

ラーメン二郎風の外観はボリュームたっぷりです。

圧巻なのは、チャーシューというよりは

やはり“ニク”と呼ぶしかない煮豚です。

自分が“ラーメン”を食べていることを

忘れそうになるくらい、かぶりつくしかありません。

味もしっかりついていてこれだけでお腹いっぱいに

なりそう。

以前は、ちょっと変わった釜で焼いた

カルビ焼肉のような肉がのっていた時期もありました。

また、 

以前は中華鍋で炒めていたヤサイも、現在は茹でてあり

上から刻んだ生タマネギと胡椒が振りかけてあります。

これが結構強烈で、食べ終わったあとでも

卓上の醤油漬けニンニクも顔負け

玉ねぎパワーが後を引きます。

 

 

麺は、太めでほぐほぐ&プリプリとしていて

量もかなりあります。まさにラーメン二郎風です。

 

 

スープは、豚骨より醤油が前面に出ている感じで

さっぱり&辛いといった感じで、まろやかさの部分で

豚骨にもう少し頑張って欲しい気もしました。

 

 

 

総合的な感想は、以前に比べて今回の方が

僕の個人的な好みからすこーし離れてしまって

微妙なところです。

でも、真面目そうなご主人が次回また違う

ラーメンを食べさせてくれるような気がするのは

僕だけでしょうか・・・?

 

 

 

またですか・・・

またですか・・・

モブログ(携帯電話からの投稿)6回目。

わ〜たしの記憶が確かならば・・・

(○○の鉄人、懐かしい)

たしか今はもう10月も中旬のはず。

なのに・・・

この暑さはなにっ!

というわけで・・・

またまたガリガリ君です。

(^_^;)ふぅ・・・

とんぱた亭 横浜橋店

今日は、地元の職場に戻ってきまして

昼食に立ち寄ったのが・・・

とんぱた亭横浜橋店です。

Photo_201 @横浜市南区万世町2−38

地図

 

 

 

豚骨醤油の横浜ラーメンです。

今日の注文は・・・

Photo_202 ラーメン+ライス

550円+150円

麺固め 

 

 

001_2

 

 

 

 

 

スープは、特に油少なめにしていませんが

さっぱりとスープの味が楽しめます。

よって、この時点でライスに

その場で待機命令

をかけました。

(分かる人は分かると思います)

 

 

麺は、普通でかなり柔らかめということなので

麺固めにお願いしました。

・・・のはずですが、まだ柔らかいかも。

よくいえば、もちもちとした麺なのですが

個人的にはもう少し固めが好きなので・・・

麺の味は小麦の風味がありおいしかったです。

 

 

具は、青菜と海苔が3枚、そしてしっかりとした肉厚の

チャーシューが1枚。チャーシューはスープに沈めると

柔らかく生まれ変わります。


 

ラーメンを純粋に味わったあとに満を持して

スープに“ライス”の投入です!

レンゲで雑炊風に頂けば一粒で二度おいしい!

少し行儀が悪いけど、王道ともいえるこの食べ方を

1度は試してみては?

 

 

2006年10月18日 (水)

七志 向ヶ丘店

今日の昼食で立ち寄ったのが・・・

七志 向ヶ丘店です。

Photo_199 @川崎市多摩区登戸1891

地図

 

 

 

七志チェーン店は今まであまり予備知識も無く

今回が初訪店となります。

今日の注文は・・・

Photo_200 七志ラーメン(大盛)

800円

 

 

 

スープは、豚骨醤油味で表面には

胡麻とニンニクを揚げた油

ひと回しかけてあっていい香りです。

一口飲んでみると・・・

(-□-;)!!!

どこかで食べたことのある記憶が・・・

10代の頃によく食べていた

『桂花ラーメン』

によく似ています。

また、グッときてしまいました。


麺は、家系のようなもちもちした感じで

やや固めの茹で上がりです。

 

具は、薄めだけどしっかりと肉感があって

よく味のついたチャーシューが1枚。

刻んだ分葱と“茎わかめ”が入っています。

 

 

今回の感想は・・・

いろんなラーメンから、僕のグッとくるところを

少しずつ集めたようなラーメンでした! 

 

 

2006年10月17日 (火)

蓮爾 登戸店

今日から11月の上旬まで仕事先が

川崎市多摩区が中心となりました。

そこでちょっとした酒席があり

そこでなぜかラーメンの話題が盛り上がり

『このままじゃ終われない!』

とやってきたのが・・・

蓮爾 登戸店です。

Photo_196 @川崎市多摩区登戸1770

地図

 

 

 

いわゆる“準二郎”なお店です。

 

3人待ちということでそれほど待たずに

カウンター席へ到着です。

隣の席のお兄ちゃんが“蓮エビラーメン”

食べていて、エビのいい香りがしてきます。

相模原の大山(現:移転し『学』と店名変更)

を彷彿とさせ気分が高揚するばかり。

 

ラーメン二郎と同様、完成直前に

ニンニク、アブラ、ヤサイ、カラメ

のトッピングが無料で頼めます。

そして、その時がやってきました!

寡黙なおやっさんがそっと僕の前に立ち

軽く手を上げて・・・

目を見開きます!(光線は出ません)

(-□-;)!!!  今だ!!

危なく“ノーコール”するところでした。

一気に酔いも覚める緊張感でゾクゾクします・・・

 
 

そして、無事に出来上がったのが・・・

Photo_197 小ラーメン

(ニンニク、ヤサイ)

650円

 
 
 
 

スープは、豚骨カネシ醤油味で表面に透明な油が

浮いていますが、思ったよりさっぱりしていて

飲みやすかったです。

 
 

麺は、ラーメン二郎でも稀な極太うねり麺です。

しかもかなり固めの茹で上がりで量もたっぷり。

Photo_198

 
 
 
 
 
 
 


 

豚は、大きな塊のものが2個入っていました。

一見固そうに見えるのですが、口に含むとほろほろと

細かくなっていきます。

 
 

そしてヤサイは、種付きモヤシがたっぷりのっています。

キャベツは少なめです。

種付きモヤシの青くささが好みの分かれるところかと・・・

 
 

今日からしばらくは、多摩区周辺のお店が多くなりそうです。

 

 

2006年10月16日 (月)

中華一番浦舟町支店

今日は昼食はいつものところ・・・

中華一番浦舟町支店です。

(地図とお店の写真はこちらを参照)

今日の注文は・・・

Photo_191 かうよ飯(大盛)

850円

 

 

 

柔らかい豚バラ肉に甘めの醤油味が絡み合い

“ラーメン二郎禁断症状気味”

の身体に染み渡ります。


Photo_192 なにせ

これですから!

 

 

 

牛バラ飯よりもさっぱりしていて

僕はこちらの方が好きです。

 

 

 

富士山

今朝出勤するときに家からバス停に

向かっていると、ひんやりとした空気の中

『富士山』があたまをのぞかせていました。


Photo_189 えっ?

どこにって・・・
 

 
 
 
 
 

Photo_190 ここです!








今は新設された小学校に富士山の裾野が

隠れてしまっていますが、5年半前に住み始めた頃は

僕の家と富士山の間には“手前の山”しかなくて

7合目くらいまで一日中よ〜く見えたんですが・・・

地平線とはいかないまでも、山を遠目に原野が広がり

冬に雪が降ると、ドラマの『北の国から』に出てくる

富良野の風景のような感じでした。

 
 

そんな町にも、徐々に住宅が増え、学校が建ち、

“信号が出来て”(どんな田舎だ・・・)

だいぶ賑やかになってきました。

 

それでも相変わらず周辺には原っぱも多くて

今はすすきが一面になびいています。

花粉アレルギーの僕には少々つらいところです・・・

(ToT)

 
 
 

2006年10月13日 (金)

マックフルーリー リベンジ編

今日は日吉駅前の

マクドナルドに立ち寄りました。

 

前回の初挑戦(06年9月15日)の時に

広告と実物とのビミョーな違いを感じつつ

ずっと気になっていたのでした。

つまり・・・リベンジです!

 

ただならぬ意気込みを漂わせて

カウンターに向かうと・・・ (-□-;)!!

図らずもそこには前回と同じ店員さん

微笑んでいます。

まさに宿命の対決っ!!

 

なんとか冷静を装い、勝負の1点買い

“マックフルーリー”を注文したとき

僕は見逃しませんでした!

彼女が一瞬見せた不敵とも見える満面の笑みを・・・

じっ、自信か!? 自信があるのか!?

 
 

彼女は相当な訓練を積んできたらしく

迅速かつスキのない動きで作業にかかり

涼しい顔で1回で作り上げました!

やっ、やるな・・・


それでは、久しぶりのご対面です

Photo_187 マックフルーリー

(オレオクッキー入り)

300円

 
 
 

・・・やはりビミョーか??


Photo_188表面の落ち着き具合は

かなり納得のいくもの

となっています。




真剣勝負に妥協は禁物。注目すべきは

これはまだ食前の状態だということ。

あとは、アイスの量と容器の上端との

悲しい距離が今後の課題となるでしょう。

作業工程を見ていると、投入するアイスの量は

オートメーションではなく店員さんの手加減で

調整しているように見えました。

どうしても広告の商品のボリュームを見てしまうと

更なるチャレンジを期待せざるを得ません。

 

今回の“オレオクッキー入り”ですが

やっぱりおいしいです♪♪

前回の“ネスレクランチ入り”に比べると

若干甘味が増して感じられました。

個人的には、ネスレの方が僅かに苦みがあり

好きな味ですね。

 

 

とらひげ

今日は仕事先の昼食で立ち寄ったのが

横浜市港北区の日吉駅前にある

とらひげ です。

Photo_185 @横浜市港北区日吉本町1−5−41

地図

 

 

 

お店の前の看板は要チェックです!

001_1 ポークソテー

秋ざけフライ・・・

う〜ん・・“迷います”


 

お店に入って、おばちゃんに

『サービスランチ!ポークソテーの方で

と注文したところ

『両方入ってますよ!(笑)』

とのこと・・・  (^_^;)参りました!

では、いただきます!

 

Photo_186 本日のサービスランチ

ポークソテー(ピエルソース)

秋ざけフライ(タルタルソース)

700円

 

食べ始めようとすると

おばちゃんが再び・・・

『おかわりは自由ですから!!』

と背後から追い打ちをかけてきます!


 

せっかくですからと

『おかわり、半分くらい』

と控えめにお願いしましたが

ここの御飯茶碗ってどんぶりみたいに

大きかったんですよね・・・

かなり“しっかり”頂きました!

 
 
 
 

2006年10月12日 (木)

美酒美食 梵

今日は仕事先で同僚4人が集結し

昼食で訪れたのが・・・

美酒美食 梵 です。

 

Photo_182 @横浜市都筑区中川中央1−39−4−B1

地図

ビルの半地下にあるのが  

隠れ家っぽくていい感じ。 

 

こちらは、夜は日本各地の地酒が美味しい

居酒屋さんですが、昼時は定食屋さんとして

営業されています。約半年ぶりの訪店。

もちろん昼間っから一杯飲ることもできます。

 

 

さて、本日の注文は・・・

 

まず同僚O氏が・・・

Photo_183 豚キムチ定食

940円

 

 

 

メニューに激辛!と書いてありますが

辛ウマでご飯が進みます。

しかし皿一杯の豚キムチはかなりの量です。

O氏も思わず・・・

『大盛りにすればよかったかなぁ・・・』 

この一言の真意は、

“お腹に足りなかったということではなく”

“ご飯とおかずのバランスの問題”

だとのことですが、多分同じことだと思うので

次回はきっと大盛りを食べるのでしょう。

ちなみに 

奥に見えているのが、K氏T氏が注文した

三色海鮮丼です。

こちらもボリュームたっぷりです。

 

そして僕が注文したのが・・・

Photo_184 豚しょうが焼き定食

(大盛り)

940円+100円

 

 

ご飯のてんこ盛りぶりもすごいですが

どう見ても家族4人分はありそうな

大皿一杯のしょうが焼きが圧巻です!

 

時々・・・無性にしょうが焼きが

食べたくなる時ってありませんか?

値段相応という感じではありますが

ここに来れば、間違いなくお腹いっぱい

食べられます!

 

 

2006年10月11日 (水)

味奈登庵 総本店

今日は、職場の同僚達8人で昼食にでかけました。

味奈登庵 総本店 です。

Photo_180 @横浜市中区山下町25

地図

 

 

 

味奈登庵は、7月25日の佐江戸町店以来ですね。

ここは山下公園のすぐ近くのビジネス街で

いつも昼時は大変な人気ぶりとなっています。

 

今日の注文は・・・

Photo_181 つけ天そば

(富士山盛り:無料)

900円

 
 
 
 

さすが総本店!見事にきれいな“富士山盛り”です。

 

001 ほらね!

 

 

 

 

こちら総本店でも、普通盛りの値段から

大盛り、富士山盛りとお値段据え置きです。

写真だと天ぷらが少し見えにくいのですが

えび、かぼちゃ、ピーマン、ごぼうかき揚げ

がついていてボリュームたっぷりでした。


僕が富士山盛りを食べた後に

そば湯でつゆを飲んでいるのを見て

上司がポツリ・・・

『きよすけは最後まで幸せそうに飲んでいるねぇ・・』

 

おかげさまで、午後もしっかり頑張りま−−す!

 

 


2006年10月10日 (火)

ラーメン二郎新宿小滝橋通り店

今日は急きょ埼玉出張です・・・

午前中に横浜を発ったのですが

池袋まで来たところで

なっ、なんと!

東武東上線が事故で運行停止だそうです。

 

『こりゃぁ、昼抜きだな・・・』

 

その時、僕の頭の中には

映画ロッキーの挿入曲Going The Distance

序盤のメロディが流れ続けていました。

(全然伝わらねぇーーー!)

そんな中、別の出張中の同僚K氏T氏から

『二郎の神保町店ってどこにあるの?』

という信じられない問い合わせもあったりで

まさに断食トレーニング中のようになってきます。


 
 

振替電車を乗り継ぎ、川越から更に川口まで飛んで

ようやく任務終了!

気がつけば、時間は18時30分。

そこで聞いたゴングの後の“判定”は?


 

上司:『直帰してよし!』

 
 

その時僕の頭の中で流れ続けていた

Going The Distance

一気にクライマックスへ辿り着いたのでした!

川口探検隊のラストのところの曲ですよー!

(だからちっとも伝わってねぇー!!)
 
 

前置きが非常に長くなってしまいましたが
 
八王子までの帰り道に立ち寄ったのが

ラーメン二郎新宿小滝橋通り店です。
 
Photo_176 @東京都新宿区西新宿7−5−5

地図

 

 

 

ところで新宿駅から向かっている途中・・・

Photo_177 はっ!!!

麺屋武蔵!!

・・・でも空いてるなぁ。

 
 

まあ、今の僕には関係の無いことでござんす。

 

幸い二郎も店内待ちのみで行列なし

ラッキーでした。


今日の注文は・・・

Photo_178 ぶた入りラーメン

(ヤサイ、ニンニク)

700円

 
 
 
 

小滝橋店は注文時にトッピングの有無を確認する

スタイルらしく、すぐに座れたため通常でどの位の

量なのか分からず少々ドキドキでした。

卓上の調味料も・・・

Photo_179 こんな感じの

瓶入りです。

特徴ありですね。

 
 
 

さて、ラーメンですが・・・

スープは、他の人がトッピングでアブラ多めを頼むと

必ず店の方が、時には2人がかりで

『アブラ2センチ入りますよ、大丈夫ですか?

普通でも結構すごいですから』

とおどかすので(笑)3人に2人は

『あっ、じゃぁいいです』

とあえなく撤退していました。

一体どんなギトギトスープが出てくるんだろう

と思っていると、むしろ他店に比べるとあっさりと

アブラ少なめだったのにはビックリです。

辛味も控えめで、むしろカラメのトッピングが

必要かも・・・

同じ新宿でも、歌舞伎町店のアブラ多めのスープとは

対照的で面白いですね。


 
 

麺は、太めのストレート麺でやや柔らかめです。

量が少し少なめだったような気がしたのは気のせい

でしょうか。麺が短めだったから調子良く口に運べて

そう感じたのかもしれません。

 

・・・否!!!

 

朝から何も食べてないのを忘れてた・・・

 
 

ヤサイは、今日のMVPです。モヤシとキャベツは

モヤシの方がやや多いですが、そのモヤシの茹で加減が

固すぎず柔らかすぎず“ぱきっ、ぱきっ!”としていて

おいしかったです。

 
 

ぶたは、薄めでやや固く、普通のラーメン屋さんの

“チャーシュー”といった感じのものが5枚です。

肉のうまみが感じられる口当たりで

きっと二郎以外のラーメン屋さんで出てきたら

『わぁ!すごい』

と思うのでしょうが二郎のぶたと考えると

少し物足りないような気もします。

ただ、これも好みとお店の個性の問題ですから

これはこれでアリだとも思います。

 
 

 

ところで・・・ 

新宿小滝橋通り店に流れていた曲は

渡辺美里 『虹を見たかい』

永井真理子『ミラクルガール』

荻野目洋子『ダンシングヒーロー』

・・と80年代後半のオンパレード!

お客は学生風の人ばかりのジャンクな雰囲気で

なんだかタイムスリップしたような感じになりました。

 

また今日は“昼抜き”だったせいか

なんとなく腹八分目の感じでしたが

気持ち的には満足、満足となりました!

 

 

 

2006年10月 9日 (月)

ちびすけ達と公園へ

いよいよ今日で3連休も最終日です。

・・・とは言うものの旅行に行くでもなく

午後は妻の病院に見舞いに行く予定なので

午前中はちびすけ達と3人で、自宅から

300メートルくらいのところにある

『宇津貫公園』

に遊びに行ってきました。


天の声:おぬし随分と“安・近・短”で

    済ませよったな・・・

きよすけ:まっ、まぁ、そう言わずに・・(汗;)

     自分で手入れもしている公園ですから

     大目に見てください!



 

Dscn2146でも本当にいい公園

なんです。

広いし・・・



 

Dscn2150 田舎なので公園の

“人口密度”

ゆったりとしています。

 

 

Dscn2152 芝生に寝転がれば・・・

こんもりとした山の木々の

向こうからまぶしい日差しが

差し、風が流れていきます。

 

ぽよんぽよんボールやフリスビーで遊んで

家に帰ってきた時、ちびすけ達は

 

『楽しかったねー!』

 

と、グッとくる一言をくれたので

 

なんていい子達なんだ!(感泣)


 

と感激し、“また”宇津貫公園に行こうねと

心に誓ったのでした。

 

天の声:・・・・・

 

 


2006年10月 7日 (土)

高清水

Photo_174ふと見上げると・・

今宵は秋の名月が

濃紺の夜空に

浮かんでいました。                                            
 

すすきを撫でていく緩やかな風に吹かれて

おぼろな雲が月をかすめて流れていきます・・・

 
 

こんな風景を見ると、

今年もこれが欲しくなってきます。


 

Photo_175 高清水

辛口パック(900ml)

858円

 
 
 
 
 
 

蔵元は、秋田県の秋田酒類製造(株)です。

蔵元のホームページを見ると、

ぬる燗、熱燗が特にお勧めらしいのですが

僕は冷や(常温)か、しばらく冷凍庫で

キンキンに冷やして飲むことが多いです。

 

ちなみに

酸度:1.2  酒度:+6

となっています。

淡麗辛口の入門編といったところでしょうか。

 
 
 

それでは、ゆっくり頂きます・・・
 
 
 
 
 

これく亭

今日は、次男坊の保育園の運動会でした。

入院中の妻も外出許可をもらって参観です。

次男はまだ小さいので昼前には閉会を待たずして

解散となり、

久しぶりの家族一緒の昼食で立ち寄ったのが・・・

これく亭 です。

Photo_173 @東京都八王子市台町1−14−21

地図

 

 

 

ここは、我が家のお気に入りの

自然味カレー&シチュー屋さんです。 

これく亭の歴史は古く、1977年開業。

僕が両親に連れられて初めて訪れた時は、

JR八王子駅の南口にある子安町にありました。

元教会だった古い建物を改装した、非常に趣きのある

お店だったのを覚えています。

その後、八王子市内や隣接の日野市に移転したり

これく亭としての営業を休止していた時期もありましたが

ご主人のカレーが忘れられず、現在の地に再開した時は

親族一同、抱き合って喜んだものです。

 

僕が注文したのは・・・

C

カレーセットC

(キーマカレー
&ホットチキンカレー)

800円

 

のはずですが・・・

・・・ん??

なんかカレーが1品多い気がします。

キーマカレーが別皿で添えられていました。

すると、店の方が(奥様でしょうか)

『間違えて野菜カレーとホットチキンカレーのセットを

作ってしまったので、よろしかったら召し上がって下さい。』

とのことでした。

ありがとうございます!


どのカレーも本当にスパイシーで香り高く、

野菜カレーは優しくほどよい辛さです。

上に乗った季節野菜の素揚げは

野菜そのもののおいしさが感じられます。

続いてキーマカレーはやや辛めなのですが

それ以上にご主人のこだわりの調合には

感服するしかありません。まさに陶酔・・。

ひき肉はラム肉なんだそうです。

そしてホットチキンカレーは名のごとく

しっかり辛く、それでいてミルクがたっぷり

使われていて辛いだけではないまろやかさです。

時々感じられるコリッとしたカシューナッツが

鶏モモ肉と合っていてグッときます。

 

 

今回は、嬉しいハプニングで野菜カレーも加えた

3種類のカレーを頂くことができましたが、

そんなご主人の“ご好意(?)”に応えるべく

ライスおかわり(100円)

を追加したのは言うまでもありません!

 

親子3代で食べにきていることになりますが

ご主人は僕の親くらいの年齢ですから

これからも身体に気をつけて

(体調の悪い時は休んでもいいですから)

これからもおいしいカレーを食べさせて下さいね!

 

 

 

※追記 これく亭は平成22年2月18日をもって
 
  ご主人の引退にともない閉店となりました。
 
  今までずっと大好きなお店でした。
 
  本当に長い間、お疲れさまでした

 

 

森永 板チョコアイス

このところアイスといえば

ガリガリ君の話ばかりでしたが

夏が終わるといつものように

街に“アイツ”が帰ってきます・・・

 

Photo_172 森永

板チョコアイス
 
103円

 
 

ここ数年来、“きよすけ杯アイスランキング”

第1位をガリガリ君と争っているのですが 

毎年春先になると、ふらっといなくなってしまい

秋風が吹く頃にまたまた当たり前のように戻ってくる

勝手なヤツです。

例えばよくあるドラマのワンシーンで・・・


設定は、女性同士の親友の会話。


『あんな勝手なヤツ、さっさと振っちゃいなよ!』

『アタシ、だめなんだよねぇ。絶対許せないと思っても

あんなヤツでも好きだから、つい許しちゃうんだよ。

自分のところに帰ってきたんだからってね。(泣)』


『あんた、馬鹿だよ・・・(号泣)』

 
 
 

・・・って、僕が馬鹿だよ!!

と、セルフツッコミで勘弁して下さい。

でも、今ならそんな彼女の気持ちが

わかるような気がします。


 

まあ、僕だって夏の間はガリガリ君に首ったけのような

振りをしていますが、板チョコアイスのことは夏の間

一時たりとも忘れたことはありません。

コンビニに立ち寄っても、無いとは知っていながら

アイスケースの中を探している自分がいたりします。


 

そしてまた・・・

季節は繰り返されていく・・・

 
 
(♪どーでもいーですよ!)
 
 
 
 

2006年10月 6日 (金)

オールドファッションとアメリカンコーヒー

久しぶりにミスタードーナツに行って

まさに『基本』ともいえるオーダーをしました。

 

Photo_171 オールドファッション

アメリカンコーヒー

377円

 
 
 


オールドファッションの穏やかな甘味が

ブラックコーヒーにまっことよく合います。
 

 

 
仕事の都合で急きょ立ち寄ることになったのですが

ちなみに隣の席では最近このページによく登場する

同僚のO氏(仮名)が、フレンチクルーラー

食べていました。
 
『仕事だから仕方ない、仕事だから・・・』

とお互いに言い聞かせて、その後元気いっぱい

再び午後の仕事に飛び出していったのでした!
 
 

つけめん あびすけ

今日は、朝から台風の影響であいにくの

大雨///でしたが、仕事で日吉へ行ってきました。

そこで昼食に立ち寄ったのがつけ麺専門店

つけめん あびすけ です。

Photo_167@横浜市港北区日吉本町1−1−10

地図


 
 

 

同行者は、上司のF氏と同僚のO氏です。

F氏はつけ麺の“普通盛り”

O氏はつけ麺の“大盛り”

(ちなみに大盛りは無料で感無量!)

そして僕が・・・

Photo_168 つけ麺+カレー味

“特盛り”

680円+120円+120円

 

 

スープは、豚骨と魚節の組み合わせで

とても濃厚な仕上がりです。

特に鰹節ベースと思われる魚粉が入っていることで

魚節系の味がかなり頑張って強烈に効いています。

これは好みが分かれるところかと思いますが

カレー味にすることで、全体的にカレーうどんのような

食べ慣れた味に変わって、なかなかいい感じです。

 

麺は、つるつるした口当たりで黄色っぽく

コシのある固めの茹で上がりです。

特盛りにしたことで、大勝軒の普通盛りくらいに

ボリュームアップしています!

器が以前はお皿だったような気がするのですが

丼に変わってるし・・・


具は、極太のメンマが3本と海苔が1枚

それと一見角煮のような豚が2枚入っています。

Photo_169 これ、豚です。

すごいですね!

 

 

 

食べ終わり、スープ割りをお願いしますと

クリーミーな白い豚骨スープがたっぷり入って

動物系の風味が強まります。

Photo_170 これまた濃厚ですが

風味が変わってまた

いけますね。

結構飲んでしまった・・・ 

 

 

あびすけは、元住吉にある『はっちという

ラーメン店が日吉に出店したとのことです。

まだ行ったことがないので、そちらにも是非

いってみたいと思っています。

 

 

2006年10月 5日 (木)

ラーメン二郎横浜関内店

今日は、夕食を帰宅前に済ませていくことになり

“まだ行ったことがない”という同僚MR氏を連れて

やってきたのが・・・

ラーメン二郎横浜関内店です。

(写真と地図はこちらを参照)

 

MR氏は横浜関内店というよりも

ラーメン二郎初体験です。

それでも以前から行きたがっていた様子で

事前の予習も完璧だったので、トッピングの注文も

さながらジロリアンのごとくこなしていました。

しかし、隣に座っていた人が巨大なすり鉢

食べているのを目の当たりにして

さすがに目が点になっていたけれど・・・


 
 

さて、今日の注文は・・・

Photo_166 豚入り小ラーメン
 
(ヤサイ、ニンニク)

700円

 
 
 
 

スープは、いつものように京浜地区にしては

やや乳化気味でアブラ多めの感じでまったりと

しています。

 
 

麺は、やや太麺で柔らかめの茹で上がりで

モチモチとしていているのが関内店の特徴です。

 

ヤサイは、もやしとキャベツが半々くらいで

柔らかめです。“ヤサイマシマシ”くらいが

麺の量とのバランスが良いかもしれません。

 

豚は、今日はやや脂多めの感じでしたが

ほろほろに柔らかくおいしかったです。

 

 

無事に初二郎を完食後にMR氏は・・・

 

『あのすり鉢で食べていた人は、

3日くらい何も食べていないような

食べっぷりでしたね』


と驚いた様子でしたので教えてあげました。



『いやいや、ああいう人ほど

毎日のように食べている

きっと名のある

大物ジロリアンに違いない』・・・と。


(^_^;)

 

 

 

まぐろ亭

今日は、都内は秋葉原に出張です。

『ちょうどお昼か・・・』っていうか

予定通り(きっぱり)

到着して真っ先に向かったのが・・・

まぐろ亭 です。

Photo_163 @東京都千代田区外神田2−1−15

地図

 

 

 

ここは海鮮のどんぶり屋さんで、開店後に

上の写真を撮ったすぐ後には10人位の行列が

できるほどの人気店です。

 

今回僕を含めた同僚4人が注文したのが・・・

Photo_164 中とろ丼(大盛り)

1000円+100円

※ランチ価格

 


ちなみにO氏が大盛りで

K氏T氏が普通盛りでしたが

の大きさは変わりません。

しかし!

大盛りは丼のふちまでご飯が迫り上がってきています。

まるで横浜の豊野丼を彷彿させるような盛りです。

 

横から見ると・・・


Photo_165 はみ出してる・・

っていうか

垂れてますけども・・

 

 

ちなみに、他にも

海鮮まる喜丼(海鮮各種てんこもり)1500円

うに・いくら丼1500円

※いずれもランチ価格

等があって、注文する人も多いのですが

今日はまぐろ1本勝負でお腹いっぱいです!

2006年10月 4日 (水)

ラーメン二郎池袋東口店

今日は、3日連続の埼玉出張の帰り道に

池袋で途中下車して、あるところに

向かっていると・・・


Photo_159 !!!

まさにタイガー&ドラゴン

思わず直前で迷います!

どっちにしようかな?

 

やっぱり初志貫徹で・・・ 

立ち寄ったのが

ラーメン二郎池袋東口店です。

Photo_160 @東京都豊島区南池袋2−27−17

地図

 

 

 

都会らしいすっきりとした店構えと

白と茶色を基調とした店内は

ちょっと『CoCo壱番屋』を思わせる

ようなおしゃれな感じでびっくり!

 

さて今日はまだ、仕事も半ばですのでニンニクは控えようかな

・・・と、いかにも常識的な心構えで臨んでいたのですが

Photo_161 !!!(再び)

 


 

 

結局落ち着いたのが・・・

Photo_162 豚入りラーメン

(ヤサイ、ニンニク少なめ)

700円

 

 

意思の弱さに反省しつつも

存分に堪能させて頂きました。


スープは、乳化気味で一見味噌ラーメンのようですが

思ったよりさっぱりしていて飲みやすいです。



麺は、やや細めですが固めの茹で上がりで

噛むとプツン!と歯切れの良い感じでした。


野菜は、モヤシだけかなと思いきや、キャベツが一切れ

入っていました。茹で上がりはやや柔らかめです。


そして豚は、武蔵小杉の豚の更に半分くらいの小振りなもの

でしたが、固すぎず柔らかすぎずの絶品で6枚入っていました。


おかげさまで、常時携帯のブレスケアを飲みつつ

午後の仕事を乗り切ることができました!

今日もありがとう二郎!

2006年10月 3日 (火)

本丸亭(ラーメンSymphony)

今日は午前中の出張帰りの昼食で

JR川崎駅ビルにあるラーメンSymphony

立ち寄りました。

そこで選んだのが・・・

本丸亭(ラーメンSymphony)です。

Photo_157 @川崎市川崎区駅前本町26−1

 川崎BE 地下1階

地図

 

 

本丸亭は、神奈川県厚木市に本店がある

塩ラーメンのお店です。

 

 

実は以前、何度か厚木のお店の前を通りかかった時

いつも当然のように開店時から長蛇の行列で

時間がなくて諦めたこと数知れず・・・

 

また、横浜の元町に支店があることを知り

よし!っと意気込んで出掛けたところ

なんとあっけなく定休日に嫌われ・・・

 

ということで今回がやっとのことで初訪店です。

 

そして今回の注文は・・・

Photo_158 本丸塩らー麺

750円

 

 

 

 

第一印象は、とても美しいラーメンです。

特に春菊の緑が鮮やかですね。

ふと気がつくと、カウンターに

『春菊はスープが温かいうちに沈めておくと

より一層おいしく頂けます』

と親切に書いてありました。

まったく、僕の頭の中にある

超命令口調なスーパーコンピューター

とはえらい違いです。

例:ハヤク、スープニシズメロ!

(ラーメン二郎府中店の巻を参照)

 

さてそのスープは、豚骨と鶏ガラが使われていて

とりわけ鶏の風味が際立ちます。

鶏に塩が合うのは言うまでもありません。

 

麺は、中太の平ちぢれ麺で柔らかめの茹で上がりです。

のど越しは“トゥルトゥル”と優しい感じで

スープの味にやや押され気味のような気もします。

もう少し固めで、麺の風味が感じられたら・・・

と思いました。

 

具は、前述の春菊と刻みネギでスープの塩味に

よく合っています。それからワンタンが1個。

それと忘れてはいけないのが

チャーシューです。

まさにチャーシューと呼べる香ばしい仕上がりで

甘味のあるタレが食欲をそそる丸いバラロールで

1センチ弱の厚みがあります。

肉感を残しつつ、柔らかく、しかも2枚入り。

 

ただ贅沢な悩みは、豚骨使用といえども

鶏風味が前面に出たスープが絶妙なだけに

“チャーシューの出来の良さ”がかえって

鶏と豚のどちらにシフトして味わえばいいのか

というところで戸惑ってしまいました。

 

まあそんな時は、蒸し鶏とそぼろの入った

鶏塩らー麺を食べればいいんでしょうけれどね。

いつか本店で食べてみたいです!

 

ベルギーチョコソフト

ベルギーチョコソフト

ベルギーチョコソフト

モブログ(携帯電話からの投稿)5回目。

今日は昨日に引続き

朝から埼玉に出張でそのあと

昼前にはお台場まで転進する

という分刻みのスケジュール。

 

(^_^;)汗をかきつつ目に入ったのが

『ミニストップ』の

“ベルギーチョコソフト”でした!

使われているチョコは砂糖以外の

原料がすべてカカオ豆に由来する

ものだそうです。

 

よしっ!

午後も頑張ります!

2006年10月 2日 (月)

ラーメン二郎横浜関内店

今日は午前中の川越出張から

一気に横浜まで戻ってきて

昼食に駆け込んだのが・・・

ラーメン二郎横浜関内店です。

Photo @横浜市中区

   長者町6−94

地図

 

 

 

今日は珍しくニンニクは控えておこうと思い

注文したのが・・・

Photo_2 大汁なし+チーズ

+ニラキムチ

(ヤサイ増し)

890円

 

 

 

仕事中だからと、いつもの僕らしくない思いつきで

ニンニクの代わりにニラキムチを入れてみました!

『ふっ・・たいして結果は変わらないと思うがな・・・』

という天の声が聞こえてくるような、こないような・・・

 

 

 

相変わらず関内の汁なしは

グッときます!

コショウ味が決め手なんでしょうね。

そして、チーズのまろやかさ

猫舌の僕に丁度良い汁なしの温度。

柔らかめの麺ほろほろの豚

いつもの通り!

注目のニラキムチは辛すぎず、

まろやかさにアクセントを与える一品で、

加えて大正解です。

 

一気に食べ終えて器をカウンターにあげると、

隣のおじさんが、なぜか苦笑い・・・

『食うの早えなあ・・』

っていうことだったんでしょうか、

よっぽど夢中で食べていたんでしょうね。

(^_^;) 

 

 

 

おかしの蔵 右門

今日は、朝から埼玉県川越市に出張です。

川越といえば、小江戸と言われ江戸時代を偲ばせる

情緒ある町並みが有名です。

 

Dscn2073 あいにくの雨ですが

それもまた風情あり・・・

 
 
 
 
 

Dscn2074 これが有名な

『時の鐘』

でございます。

 
 
 

 
 

さて、ちびすけ達に何かおみやげをと

立ち寄ったのが・・・  
 
おかしの蔵 右門 です。
 
 
Photo_150 @埼玉県川越市幸町1−6 
 
地図
 

 

 

 

和菓子屋さんですが、店舗の奥に上がり口があって

食事もできるようです。次回は家族で来てみたいですね。

 

僕がおみやげに選んだのは・・・

Photo_151 いも恋

5個入り

787円

 

 

川越は、さつま芋の産地でもあり

さつま芋を使ったいろいろな食べ物が

あるのです。

という訳で・・・

断面SHOW、いってみましょう!

Photo_152 お見事です・・・

 

 

 

 

餅粉を使った生地に包まれた粒あんと

輪切りのさつま芋がまるでずっと連れ合った

夫婦のように寄り添っています。

 

買った時は蒸かしたてで、試食もさせて頂きましたが

粒あんの甘味の後にさつま芋の風味が追いかけてくる

絶妙な味わいでした。

家に帰ったのが夜の10時でしたので

説明書きの通りレンジで20〜30秒チンすると

生地が落ち着いた感じでまた違った口当たりで

なかなかおいしかったです。

賞味期限は冷蔵で5日間、冷凍で3ヶ月だそうです。


ちびすけ達の明日のおやつ・・・

喜んでくれるかな?

2006年10月 1日 (日)

キムチ炒飯2

今日は、夕食で作ってみました・・・


Photo_149 自家製キムチ炒飯2
 
(刻みカクテキ入り)

 
 
 
 
 
 

今回は、白菜キムチではなくカクテキを刻んで

使ってみました。

口に含むと時々感じられるコリッとした感じと

漬け物っぽい風味が意外と新鮮です。

 

その他の具は、人参ピーマン白菜

刻んで入れています。

それと合挽きひき肉ラム肉の薄切りを少々。

正直なところラム肉は、使うのを迷ったのですが

 

『好きなので』

 

投入しました。  (悟りの境地・・・)

 
 
 
 
 

ともかく、今日も僕とちびすけ達で完食です!

 
 

年齢詐称!?

僕がこのページのプロフィール画像に使っている


1159700362_960jp きよすけ

秋編

Version 1.0


 
 
 
 
 
 
・・・について、妻から
 
 
『若すぎる!』

 
とストレートな 猛抗議 “ご指摘”を頂きましたので
 
仕方なくヴァージョンアップすることになりました。
 

 
 
Photo_1 きよすけ

秋編
 
Version 1.1
 
 
 
 
 
 
 
とは言うものの、笑いジワを入れてみただけですが。(笑)
 
誰も気がつかないって・・・
 
 
 
今後ともお見知りおきをお願い致します!

 

 

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索システム

最近のトラックバック