フォト

愛すべき同僚達

  • 同僚KB氏
    徐々にイラスト増加中

イラスト名場面集

  • 焼きそばあるある
    最近サボリ気味な 手書きの挿絵集

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 自家製鶏手羽の煮物 | トップページ | ど♪みそ町田店 »

2013年6月27日 (木)

一蘭相模原店

今日の昼食は、職場に近い

相模原市南区本日開店した

こちらへ・・・

一蘭相模原店です。

Photo_2 @相模原市南区

  古淵3-33-18

地図

 

 

 

 

 

 

町田店は、お酒を飲んだ後に

食べに行ったりしました。

相模原店は、駅からは少し離れていますが

国道16号線に面していて駐車場も完備です。

 

 

 

 

 

Photo_3 お店に入ると

券売機があります。

基本のラーメンは

790円スタート

ということで他店舗同様

やや高めの印象かな?

本場では誰でも女性でも

替え玉します

という売り込みの

替え玉セットは

950円ですからねー

(^_^;)

 

 

 

 

Photo_5 さらに店内へ進むと

券売機ならぬ

空席案内板が

ありますので

これに従って

着席します。

 

 

 

 

 

Photo_6 そしてこちらが

一蘭の話のタネ

にもなっている

味集中カウンター

きよすけ的には

湯切りの時に

『さぁー!さぁー!』

と掛け声を出すなどの

店員さんのパフォーマンスが

派手なお店や

“注文の多い料理店”

ちょっと引いてしまうことも多いのですが・・・

(^_^;)

まぁ、美味しければ自然と料理に集中しますからね

あっ、珍しくちょっと辛口だったかな?

 

 

 

 

 

Photo_7 基本的には

お客さんの

注文に細やかな

対応をしてくれる

スタンスのお店

なのです。

 

 

 

 

 

 

今日の注文は・・・

Photo_8 ラーメン

(青ねぎ、

 チャーシューあり、

 麺かため)

790円

 

 

 

 

 

スープは、クセの少ないスッキリとした飲み口で、

豚骨は程良く、クルクルッと利いた感じです。

秘伝のたれと呼ばれる赤く辛いペーストは

量を選択できるのですが、普通でもかなり辛めです。

スープに溶かすと、ググッとちょいワルな表情を

見せるのも、変化があって面白いですね。

 

 

 

 

麺は、博多らしい細めのストレート麺です。

前回、町田店で麺のかたさを普通で注文したので

今回は麺かための注文にしてみました。

しっとりとした低加水で滑らかな口当たりです。

シコッとした歯応えがお好みなら

“超かた”での注文がおすすめかな。

 

 

具は、町田店で出てきたカリカリチャーシューとは

別物の柔らかく弾力のあるチャーシューが2枚、

青と白が選べる刻みネギの2種類です。

シンプルっちゃぁシンプルですが

紅ショウガや辛子高菜、白胡麻などの調味料も

博多ラーメンなら欲しいかなぁ・・・という

先入観がないこともない。

いやいや、すべてをひっくるめて

これは『一蘭というラーメン』なんだと

納得するべきなのかな?

 

 

今後も一蘭の話題性の中身について

興味深く、注目していきたいと思います。

(^_^)

 

 

« 自家製鶏手羽の煮物 | トップページ | ど♪みそ町田店 »

ラーメン(神奈川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一蘭相模原店:

« 自家製鶏手羽の煮物 | トップページ | ど♪みそ町田店 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索システム

最近のトラックバック