フォト

愛すべき同僚達

  • 同僚KB氏
    徐々にイラスト増加中

イラスト名場面集

  • 焼きそばあるある
    最近サボリ気味な 手書きの挿絵集

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 自家製玉子炒飯 | トップページ | ラーメン二郎めじろ台法政大学前店 »

2010年8月 2日 (月)

大勝軒(淵野辺)

昨夜からちびすけ達は、妻の実家の

群馬県に帰省しています。

今夜の仕事帰りは、久し振りにラーメンでも 

食べて帰ろうかなぁ

(^_^)

 

 

 

今回は、JR横浜線淵野辺で途中下車しました。

“最終的に”向かったのが・・・

大勝軒(淵野辺)です。

Photo @神奈川県相模原市

 中央区淵野辺2-6-24

地図) 

 

 

 

 

 

“最終的に”というのは・・・

実は最初に向かったのは、淵野辺駅の南側の

鹿沼台にある大勝軒だったのですが

火曜日定休のはずが、なぜかお休み

鹿沼台公園周辺は、街灯があまり多くないので

お休みでお店の電気が点いていないとかなり

“がっかり感”を演出してくれます・・・

|||orz|||

(^_^;) そんな演出はいらなーい

 

 

ともかく、気を取り直して駅の北側に向かい、

10分ちょっと歩いて

久し振り(10年ぶりくらい?)に入店です。

(・o・)? 場所変わったかな?

気のせいでなければ、道路の反対側に

移転したような気がします。

以前よりも、広くなった印象で

冷房が効いていて気持ちいい

こちらの大勝軒は、つけめんは無くて

熱々のらーめんのみの構成ですが

これならおいしく頂けそうで楽しみです。

 

 

 

さて、今日の注文は・・・

Photo_2 らーめん

(ふつう)

700円

 

 

 

ちなみにこちら、チャーシューめんではなく

普通のらーめんです。

(^_^;)

 

 

スープは、煮干しと鶏の香りが利いた

比較的透明度のある醤油味です。

表面の油が、熱々感を持続させます。

大勝軒と聞くと思い出す人が多い

“東池袋”を原点とする大勝軒とは

一線を画す印象のこのスープは

クルクルと甘みのある、昔ながらの

醤油ラーメンに近くて、暑い夏にも

スッと身体に入ってくるような

おいしいスープです。

 

 

 

 

Photo_3 麺は、中太の

うねり麺です。

トゥルッとした

やや柔らかめの

仕上がり。

 

 

 

スープとの相性は、なかなかいいと思いますし

後述のチャーシューとのバランスを考えると

この柔らかめは、これでいいのだと感じました。

量は大勝軒ならではのかなり多めで、

200gくらいはあるのではないかと

メニューには少なめ(650円)もあります。

 

 

 

 

具は、メニューにはメンマらーめんもある

あっさりとした味付けで柔らかめのメンマ、

多めにのった刻みネギ、そして・・・

厚みがあってしっかりとした歯ごたえ

そして大きさも十分なチャーシューが4枚です。

初めて見ると、チャーシューめんと思って

しまいそうなボリュームはうれしい限り

このしっかりとした歯ごたえが、好みの分かれる

ところでもありますが、スープに沈めることで

少し柔らかくなります。

柔らかい麺とのメリハリが、僕は好きです。


 

 

 

気さくで元気が良く、丁寧な接客も

魅力の一つですね

(^_^)

 

 

« 自家製玉子炒飯 | トップページ | ラーメン二郎めじろ台法政大学前店 »

ラーメン(神奈川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大勝軒(淵野辺):

« 自家製玉子炒飯 | トップページ | ラーメン二郎めじろ台法政大学前店 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索システム

最近のトラックバック