フォト

愛すべき同僚達

  • 同僚KB氏
    徐々にイラスト増加中

イラスト名場面集

  • 焼きそばあるある
    最近サボリ気味な 手書きの挿絵集

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ラーメン二郎めじろ台法政大学前店 | トップページ | 鮨 まぐろ一家 »

2009年8月 4日 (火)

夏の月夜と宮沢賢治

今夜は夕食にラーメンを食べた帰り道に

八王子市大船町辺りを通り掛かると・・・

  
 

 

Dscn1930 小山越しに

雲に霞んだ

月が見えました。

“おぼろ月”

本来、春の季語

ですが、夏の月夜も

また涼しげですよね。

 
 
 
 
 
  
 
 
 

Dscn1932 少し角度を変えると

月が輪くぐりをして

います。(笑)

こんな月夜は

宮沢賢治の童話でも

読みたくなります。

(^_^)

 
 

 



 
  
 

宮沢賢治の本はたくさん持っています。

月並みですが、童話の中では

やはり“銀河鉄道の夜”が一番好き。

でも、なんというか・・・どの作品というよりも

全体的な世界観みたいなものに浸るのが

好きなんだと思います。

例えば、ディスニーランドに行ったら

もちろんそれぞれのアトラクションも

楽しいけれど、そこにいるだけでも

いいっていう人いるでしょう?

(^_^)

 
 
 

 

ところで宮沢賢治の作品は、

“童話”は馴染みやすいけれど

“宮沢賢治詩集”に手をのばすと

少々やっかいなことになります・・・

(^_^;)

小学校の教科書にも掲載されている

『永訣の朝』などは文章も分かりやすい

のですが、多くの詩は難解を極める

こともしばしば

文章がむずかしいということではなくて

ある意味、かなり“超越”しているので・・・

おそらく“幻聴”や“幻覚”にも悩まされて

いたのかもしれない。

(-”-;) いや、若しくは・・・

むしろ聡明で感受性が高すぎたので

敢えてそういう方向に自分の精神を

自ら意識的に“放出”することによって

自分を保っていたのかもしれません。

 
 
 

 
 

(^_^;) いずれにしても・・・

派手さはないけれどディープな刺激が
 
欲しい人は挑戦してみてはいかがでしょうか?

 
 
 
 
 
 
 

« ラーメン二郎めじろ台法政大学前店 | トップページ | 鮨 まぐろ一家 »

スナップ(八王子市)」カテゴリの記事

きよすけの読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の月夜と宮沢賢治:

« ラーメン二郎めじろ台法政大学前店 | トップページ | 鮨 まぐろ一家 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索システム

最近のトラックバック