フォト

愛すべき同僚達

  • 同僚KB氏
    徐々にイラスト増加中

イラスト名場面集

  • 焼きそばあるある
    最近サボリ気味な 手書きの挿絵集

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 横浜とんかつ豚2(tonton) | トップページ | ラーメン二郎武蔵小杉店 »

2008年5月24日 (土)

『こころ』夏目漱石

今日は、読書の話を・・・

僕は高校生のとき、中学で3年間やっていた野球部には

入らず、しばらく帰宅部をしていました。

しばらくして、昼の校内放送で音楽かけながら

楽しそうなDJ風の番組をやっているのを聞いて

軽い気持ちで扉を叩いたのが

放送部(放送委員会)でした。

結局3年間在籍して、自分も昼の番組を担当したり

していた訳ですが、NHKが主催している

放送コンクール(放送部の甲子園かな?)にも

ちゃ〜んと取り組んでいたんですよ。

県大会から全国大会に向けて、番組作ったりしました。

そんな出場ジャンルの中に“朗読”というのがあって

高校生の僕が選んだ作品が・・・

夏目漱石の『こころ』です。

Dscn0441  

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 



 
 
 
 
 
 

以来、現在までこの本は何度も読み返しています。

高校生の自分には分かりようもなかった部分が

読み返すたびに見えて来るのが面白いです。

 
 
 
 
 

Dscn0442 特別、漱石の作品が

全部好きな訳ではない

けれど、なんというか

僕自身、心の深いところを

ギュッと締め付けられる

ような・・・

 
 
 
 

遠い夏の日を見るような、抜けるような夏の風景の導入部と

一転して中盤からのなんとも言えない心の圧迫感との対比、

その圧迫から再び夏の空に解放された時に明かされる

親友の胸の内の暴露・・・

そして、死。

更に引き戻される、なんとも言えない心の圧迫感の世界。

それが導入部の夏の風景につながり、グルグルグルグル・・・

(^_^)

遠い思い出とドロドロの繰り返し・・・

高校生には難しすぎたね 

 
 
 
 
 
 

Dscn0443それはそうと・・・

この本の焼け具合

いい感じでしょう?

(^_^)

 
 
 
 
 
 

  
 
 
 

夏目漱石の作品は、純文学というよりも

大衆文学のようなものですから、内容は決して

取っ付きにくいものではありませんので

“トレンディードラマ”を見るつもりで読んでみたら

いいと思います。


 

・・・いやっ、“昼ドラ”かな? たぶん。

(^_^;)

 
 
 

« 横浜とんかつ豚2(tonton) | トップページ | ラーメン二郎武蔵小杉店 »

きよすけの読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『こころ』夏目漱石:

« 横浜とんかつ豚2(tonton) | トップページ | ラーメン二郎武蔵小杉店 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索システム

最近のトラックバック