フォト

愛すべき同僚達

  • 同僚KB氏
    徐々にイラスト増加中

イラスト名場面集

  • 焼きそばあるある
    最近サボリ気味な 手書きの挿絵集

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 中華一番浦舟町支店 | トップページ | ラーメン二郎三田本店 »

2006年11月 6日 (月)

10 years

僕は以前、“芝居”に携わっていたことがあります。

いわゆる演劇というやつです。

高校を卒業後、1年間だけ大学生をやっていた時期があり

サークル活動として演劇研究会に所属していました。


 

学園祭など年に何回か公演があって、毎公演2本くらいの

演目が立ち上げられ、それぞれの立場で準備が進められます。

キャストとも呼ばれる役者達音響班照明班衣装や小道具
 
を作成する美術班
舞台装置を作成する装置班広報・運営を
 
担う制作班
などがあって、僕は基本的に装置班員として工具を

操り資材と格闘する毎日でした。

人数の関係もあり、各班とも作業をしながら役者として稽古も

やることも多いのですが、本業の勉強と同じくらい充実した毎日

だったように思います。

 
 

その後、事情があって大学を後にすることになったのですが

その1年間で1度だけ、僕も役者として出演する機会があり

いい経験と思い出になりました。

役名は、“パロの王”

名前はなんとなく(-o-;)・・・という感じですが

治世と威厳、そして愛との葛藤に苦しむ男という

ひじょーにやっかいな役どころなんですよ!

 
 

まぁそれはいいとして、前置きばかり長くなりました。


 

演劇では音楽も重要な要素を担っていますが、

当時は無我夢中だった僕が、出演した舞台の音楽の中で

最も印象に残っている音楽といえば・・・

劇中のシーンで流れる曲ではなく、全部終わった後の

カーテンコールの曲でした。


 

それが、渡辺美里さんの『10 years』という曲です。

大江千里さん作曲によるリズミカルなイントロは

陽気というよりも懐古的な響きをもっています。

 
 

あれから10年も・・・

これから10年も・・・

 

気がつけば僕もあれから10数年。

自分なりに心の持ちよう、心のあり方は

決して満足のいくのもではないけれど

納得はできるものかもしれません。

そして、これからも

パロの王のように迷いながら

納得できる生き方を見つけていきたい

・・・と思っています。

 
 
 
 

 

       
 
 
 

« 中華一番浦舟町支店 | トップページ | ラーメン二郎三田本店 »

きよすけの音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10 years:

« 中華一番浦舟町支店 | トップページ | ラーメン二郎三田本店 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索システム

最近のトラックバック